分院の診療予約アクセスマップ本院の診療予約 獣医師出勤表
症例・診療実績

混合予防接種

混合ワクチン

ワンちゃんネコちゃんがかかる可能性の高い伝染病に対してのワクチンを何種類かずつ組み合わせたものが混合ワクチンです。感染予防できる病気はできるだけ予防注射で避けるようにしましょう。

犬のワクチン5種混合ワクチン:ジステンバーウイルス、パルボウイルス、アデノウイルス、伝染性肝炎、パラインフルエンザ      

7種混合:ジステンパーウイルス、アデノウイルス、伝染性肝炎、パラインフルエンザ、レプトスピラ2種。

当院では現在、5種混合と7種混合をその子によって打ち分けています7種混合に含まれるレプトスピラ感染症は野ネズミの媒介する恐ろしい病気ですが山林や河川敷に近づかなければ比較的感染リスクの低い病気です。逆にワクチンに伴うアレルギーは7種の方が発生率が高いです。その子の体質やライフスタイルによってどちらのワクチンを選択するか獣医師と相談して決めましょう

【子犬のワクチン接種プログラム】

最近は第一回目のワクチン接種はペットショップやブリーダーの所で打たれていることがほとんどですので飼い主様のところに来てからは2回目以降を打つこととなります。ワクチン接種プログラムについては絶対的にこれが正しいと言うものはありませんが当院ではWSAVA世界動物病院獣医師会が定める犬と猫のワクチンネーションガイドラインに従って接種しています。

 

【ワクチンアレルギーに関して】

ワクチンアレルギーはどのように注意深く摂取したとしても一定の確率で発症をするワクチンに対する特異反応です接種直後にアナフラキシーなど重篤な症状を示すタイプと数時間経ってから発症する比較的軽度なタイプがあります。直後に発症するタイプは生命に影響を及ぼすこともあるため当院では接種後15分程度待合室で待機してから帰宅していただいています。比較的遅れて発症するタイプは顔面、場合によっては全身が腫れたり、嘔吐したり発疹が出たりすることが多く比較的生命の危険を伴う事は少ないですが、発症した場合はご連絡いただき適切な処置をすることをお勧めしています。この点からオーナー様によほどの事情がない限りはワクチン接種は午前中の診察で行うことをお勧めしています。

【抗体価の検査】

重篤な病気療養中の子、アレルギー体質の子に関してはワクチン接種のリスクの方がワクチンを打たないリスクよりも大きなこともあります。ジステンパーウィルス、パルボウィルス、アデノウイルスに関しては抗体検査により抵抗力を持っているか調べる方法もあります。感染防御に充分なの抗体価を保有していれば、その時点でのワクチン接種を見送ることも可能です。       

    

 

コメント
バーニー動物病院

〒 570-0062 大阪府守口市馬場町1-4-16 TEL 06-6997-3612

cr